手越祐也と安倍昭恵夫人“無敵”

ダメを繰り返す手越とアッキー
「手越の退所が早まったのも、もとはといえば緊急事態宣言下における2度の“夜遊び”が報じられたから。なぜ、“ダメ”と言われたことを繰り返すのか不思議でなりませんでした。一方のアッキーも、花見で批判された後にもかかわらず“時間ができたから”と、大分旅行に出かけたのです。
手越の脳は「神の領域」にあり、“たとえ失敗しても間違えても、あくまでも自分が神様で世界の中心にいるので、それは失敗や間違いにはならない”というメンタル構造なのだとか。「なるほど、強メンタルのアッキーも手越と同じ脳の構造なのかもしれませんね。すると自粛期間中に、それでも一般の方々の目を気にせずに集まった花見会は“神々の集い”だったのでしょう。」

手越祐也と安倍昭恵夫人、“無敵”のワケを脳科学が分析「メンタルは神の領域」(週刊女性PRIME) – Yahoo!ニュース

神々の集いだったら、疫病退散祈願でもやってもらいたかったところです。しかしそうではなく神々のつながりなのか、手越の記者会見に同席した弁護士はあのカルロス・ゴーンの作業員コスプレ仮釈放に関係した大物だったようです。
このように見るとやはり日本国内にも自分たちは神で間違ったことはしていないと思う人達の集団は存在するようです。
さあ今後この人達はどのような行動を庶民に見せてくれるのでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください