善光寺大勧進 小松貫主 セクハラは虚偽?

大勧進善光寺(長野市)の住職の一人で天台宗寺院「大勧進」のトップ、小松玄澄・貫主が9日、虚偽の事実を流されて業務を妨害された上、辞任を強要されたとして、善光寺関係者11人を業務妨害と強要容疑で長野地検に告訴した

<善光寺>小松貫主「セクハラは虚偽」 関係者を地検に告訴 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

まだやりますか? 善光寺 大勧進のトップがこんな感じでは大きな長野県に大きな損失です。誰が本当のことを言っているのかわからないこんな話ばかりです。大相撲、レスリング、森友問題全てメディアが騒ぎますが、いろいろな情報を取り上げますが真実が出てきたという感じのものはなかなかありません。
どうしてこんな状態が増えているのでしょう。いろいろと関係者がいろいろ情報を発信し、それに集まるメディアや簡単に後押しする弁護士などが多くなったとか何か理由があるように思えます。
昨晩から「学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書が書き換えられたとされる疑惑で、財務省は10日、書き換えを認める方針を固めた。」と報道されていますが、こちらも真相まではまだまだ、また想像や個人の見解の報道が続きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください