幅広デザイン

コクヨのファイルNEOS

時代は幅広ゆったりということで、ファイルもクリアポケットを綴じてもはみ出さないサイズの表紙幅になりました。クリアポケットの端がはみ出ていると見た目も悪いし、何かに触れたときにそこからポケットが破れて中身が散乱なんてこともあるかと思いますが、そこで幅広表紙スッキリ、安全に使えます。

最近はランドセルなんかもB5からA4対応さらにはA4クリアフォルダ対応へと幅広になっています、以外とまだ学習帳はB5がメインですが、それでも宿題の減少などで使う量がゆったりして消費量が少なくなっています。そんなことで書き込み量が増える学習帳はまだA4への移行が進まないのかも
ゆったりもいいですが、やはりそこをひと工夫するという問題を残しておくのも実際は良いのではと思っています。